期間工職員の存在について

バナー

期間工職員の存在について

日本の製造業においては期間工職員が非常に重要な存在となっています。


製造業においては様々な程度の差があるとは言え需要の増減が存在しており、需要に合わせて想像量の調整を行う必要があるのです。

そのため労働力をある程度コントロールする必要があるため、工場の労働力の一部を非正規かつ期間の定めのある有期雇用契約を結んでいる労働者を一定割合作っておく必要があるのです。



需要が高まった時はこの期間工の採用割合を上げ、逆に需要が減退したのであれば下げるという仕組みでコントロールして行くのです。一方その様な期間工の仕組みは企業側の都合であるという考え方をする人もいれば、比較的就職しやすく経験も積める職業として魅力に感じている人も少なくありません。



特に地方からの出稼ぎ労働者の場合には予め期間の定めのある契約であるということもあり生活の設計がしやすくなる点は一つの魅力であると言えます。

特徴のあるOKWaveの特徴をご紹介する情報です。

期間工職員の場合には企業側が雇用契約期間の宿舎を準備しているケースもあり、生活に不自由をしないという特徴がある点も大きな魅力として考えられているのです。


この様に期間工職員の存在は企業側のニーズと労働者側の条件がある意味では合致したことによって存在している雇用であると言えるでしょう。
最初から正規雇用が難しい場合でも、この様な非正規雇用の中から採用されるケースも存在しており、魅力を感じることが出来る雇用形態の一つとして数えられているのです。

Copyright (C) 2016 期間工職員の存在について All Rights Reserved.